職務経歴書の書き方

転職の際に必要になる職務経歴書の書き方を掲載しています。
職務経歴書の書き方がわからない時にご利用下さい。書くときのポイントや手順を掲載しています。


 職務経歴書では「私はこんな仕事がしたいんです。御社のニーズに私はこんなに合ってる人材なんです。」という内容を盛り込んでおく必要があります。

 職務経歴書を書く上でのポイントは、個性的な自己PRです。採用担当者にアピールしながら、事務的な文章にならないようにレイアウトなどに個性を入れながら読みやすい文章を書く必要があります。

職務経歴書の書く手順
一、学歴と職歴を書き出す
入学、卒業など学歴をすべて書き記します。次に、入社退社、異動、昇進、仕事の成果、経験内容、技術、プロジェクトの内容などについて細かく紙に書き出します。この段階では、職務経歴書に何をどう書くかは気にする必要はありません。

二、アピールポイントを絞り込む
採用担当者へアピールするポイントを絞り込む必要があります。携わった仕事内容をアピールするのか、スキルなのか、リーダーシップなのか、いろいろなアピールの中から特に強調するポイントをきめましょう。もちろん企業が欲しがっている人物像を参考にする必要があります。

三、職務経歴書に書く内容を決める
さきほど書き出した内容から、詳しく強調して書くポイントと触れる程度に書くもの、省略するものを決めましょう。

四、形式を決める
職務経歴書は形式が決まっていないため、A4用紙2枚程度にまとめます。形式はアピールするのに効果的で、相手が読みやすいようにすることを重視します。

五、下書きする
職務経歴書の下書き分を書いてみましょう。書き終わったら読み直してみます。採用担当者が欲しがっている人間だとアピールできているか。また、読みやすくなっているかを確認しましょう。

六、仕上げる
実際に清書してみましょう。履歴書は手書きするものですが、職務経歴書は読みやすさを重視し、手書きである必要はありません。誤字、脱字に気をつけ何度か確認してください。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です