保健師

医療の資格として保健師の資格について掲載しています。
看護師の資格を持つ方が保健師として、看護、保健福祉の観点から地域を支えることができるようになる医療資格です。


保健師とは
保健師は看護、保健福祉の観点から地域を支える医療の国家資格です。合格率は80%程度あります。保険師はケアマネージャーの道にもつながり、スキルアップとしても使えます。

保健師の受験資格
保健師の資格を取得するためには、看護師の資格をもち、保険師養成学校を卒業すると保険師の受験資格があたえられます。その後、国家試験に合格すると保険師の資格があたえられます。

保健師の職務内容
保健師の勤務地は保健所、役場などで勤務することになります。地域の高齢者に対して、保険と福祉の両面から支えることができる資格です。

保健師試験内容
地域看護学、疫学・保健統計、保健福祉行政論
2月下旬の行われ、試験内容は5400円

保健師の国家資格試験に関するお問い合わせ
厚生労働省試験免許室
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です