BATIC(国際会計検定)

東京商工会議所が実施しているBATIC(国際会計検定)の資格試験情報を掲載しています。BATICは英文会計のスペシャリストとして活躍できる資格です。



BATIC(国際会計検定)とは
BATICは海外企業の英語で書かれた財務諸表を読む力や、日本の財務諸表を英文会計のルールに読み替えるリキャスティング能力を身につけていることを示す資格です。試験は1000点満点で行われ、点数に応じて評価称号が与えられます。
海外企業の財務諸表を見ることがある方や、これから米国公認会計士の資格取得を考えている方におすすめの検定試験です。

BATIC(国際会計検定)試験内容
英文簿記(subject1)400点満点、国際会計理論(subject2)600点満点から試験は構成されています。東京商工会議所が実施している試験ですが、問題もすべて英文で書かれているため専門単語を覚えている必要があります。
短期の合格を目指す方は、東京商工会議所が実施している通信講座を利用するとよいでしょう。

BATIC(国際会計検定)レベル評価
■200点以上320点未満(Bookkeeper Level)
基本的な英語会計取引を理解できる。
■320点以上700点未満(Accountant Level)
簡単な指示、記帳、管理が行える。
■700点以上880点未満(Accounting Manager Level)
国際会計理論の基本的な理解ができている。また簡単な決算書の作成ができる。
■880点以上(Controller Level)
国際会計理論を理解し、アメリカ基準の決算書作成が行える。また分析や会計方針の策定・推進が行える。

BATIC(国際会計検定)試験に関するお問い合わせ
東京商工会議所
http://www.kentei.org/batic/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です