初級システムアドミニストレータ

国家資格である初級システムアドミニストレータについての試験情報を掲載しています。初級システムアドミニストレータはITの知識や技能を経済産業省が認定している国家資格試験です。



初級システムアドミニストレータ(シスアド)とは
「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が行っている国家試験情報処理技術者試験の区分のひとつです。情報処理システムの知識・技能を試験するものです。特定の分野に関する資格試験ではないため、多くのIT資格のスタートとして利用したり、転職の際の資格として利用できる国家資格です。合格率は30%程度です。

初級システムアドミニストレータ(シスアド)試験内容
コンピューターシステム、システム開発と運用、セキュリティと標準化、情報化と経営、基幹業務システム、エンドユーザコンピューティング、システム環境整備と運用管理、表現能力
受験料は5100円  試験日は4月と10月に行われます  受験資格はありません

初級システムアドミニストレータ試験のお問い合わせ
独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
http://www.jitec.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です