税理士

税理士の資格試験情報を掲載しています。
国家資格である税理士は経理・税務の専門家として企業や個人事業主を助けるのが仕事です。



税理士とは
税理士は簿記や税法を理解し、依頼主である企業や個人事業主の税務相談、税務代行、税務書類の作成を行います。最近はコンサルティングに力を入れた税理士が増えています。
税理士の資格は国家試験に合格と2年以上の実務経験を経て、日本税理士会連合会に登録することで取得することができます。試験の合格率は15%未満の難関試験の一つです。

税理士の受験資格
①大学または短大で、法律学または経済学に関する科目を1科目以上履修した者
②3年次以上の大学生で、法律学または経済学に関する科目を含め62単位以上取得した者
③司法試験合格者
④日商簿記1級または全経簿記能力検定上級の資格取得者
⑤会計に関する職務経験3年以上
etc

税理士の試験情報
税理士の試験は11科目の中から5科目に合格すれば何年かかってもよい科目合格制度が採用されています。一度合格した科目は無期限で有効なため数年かけて一科目ずつ合格することもできます。酒税法や国税徴収法は比較的に学習量が少なくて済むとされているため短期合格を考える人に向いています。税理士になってからの仕事の幅を考えるならば実用度の高い相続税法や消費税法を学習することをおすすめします。
受験必須科目:会計学、簿記論、財務諸表論
選択必須科目:所得税法、法人税法のうちから一つは必須
自由選択科目:相続税法、酒税法又は消費税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税

税理士に関するお問い合わせ先
国税庁内国税審議会税理士分科会
http://www.nta.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です