衆議院事務局職員

衆議院事務局職員1種、2種、3種についての公務員試験情報を掲載しています。
衆議院が独自に行う試験で、衆議院の本会議や委員会の活動を補佐し、衆議院の円滑な運営を担う仕事です。



衆議院事務局職員とは
衆議院事務局職員は、衆議院の本会議・委員会等の運営・調査に関する事務、一般事務に従事する職員です。

衆議院事務局職員採用区分
衆議院事務局職員には1種、2種、3種、衛視に分けて試験が行われます。1種と2種は大卒程度、3種と衛視は高卒程度の試験として実施されます。

衆議院事務局職員試験内容
衆議院事務局職員1種、2種の試験内容
①一般教養②専門試験③論文試験④集団面接、個別面接
論文出題分野:
Ⅰ種 憲法(必須)、行政法または民法のいずれかを選択
Ⅱ種 憲法、社会科学一般
衆議院事務局職員3種、衛視の試験内容
①一般教養②作文③面接試験

衆議院事務局職員の受験資格
衆議院事務局職員1種、2種:
受験年度の4月の時点で21歳以上26歳未満の者
衆議院事務局職員3種、衛視:
受験年度の4月の時点で17歳以上21歳未満の者
※衛視においては男子:身長166cm、女子:157cm未満の者、裸眼で0.6(矯正視力で1.0)未満の者は不合格となっています。

衆議院事務局職員採用試験に関するお問い合わせ
衆議院事務局庶務部人事課任用係
http://www.shugiin.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です