国会議員政策担当秘書

国会議員の政策秘書になるために必要な国会議員政策担当秘書の資格試験情報を掲載しています。国会議員の政策立案や立法活動を補佐する仕事に就ける資格です。



国会議員政策担当秘書とは
国会議員政策担当秘書とは国会議員がつけることのできる秘書の一種で、衆議院・参議院に属する国会議員が行う政策立案・立法活動を専門的な知識で補佐するのが仕事です。

国会議員政策担当秘書の受験資格
合格発表日において65歳未満の者で、大卒または大学を卒業見込みの者。または、同等の学力を備えた者。

国会議員政策担当秘書試験内容
一次 教養試験(多肢選択式)、総合問題(論文式)
二次 口述試験
受験料は無料です。

国会議員政策担当秘書採用について
国会議員政策担当秘書は採用試験ではなく資格試験です。国会議員政策担当秘書試験に合格すると、政策担当秘書の合格者登録簿に登録となります。採用や解職については各国会議員が決定します。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です