気象大学校学生

気象大学校学生の試験について掲載しています。
気象庁の将来の幹部となるべき職員を採用するための試験です。



気象大学校学生試験とは
気象庁の将来の幹部となるべき職員を採用するための試験です。合格後、気象大学校で教育を受け、気象庁や全国の気象台などに配属されます。気象大学校学生試験は高卒程度の試験です。
資格試験ではなく採用試験です。入学と同時に気象庁の職員となるため、給与と手当てが支給されます。

気象大学校学生試験の受験資格
受験年度の4月の時点で20歳未満で、高等学校の卒業または卒業見込みの者など

気象大学校学生試験内容
一次試験: 学科試験(多肢選択)、教養試験(多肢選択)、学科試験(記述)
二次試験: 作文試験、人物試験、身体検査

気象大学校学生試験に関するお問い合わせ
気象大学校
http://www/mc-jma.ac.jp/mcjma/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です