高等学校教諭普通免許状

高等学校教諭普通免許状について詳しく掲載しています。
国公立や私立の高校教師として働くために必要な教員免許資格です。



高等学校教諭普通免許状とは
高等学校の教員として働きたい人が必ず取得しなければならないのが、この高等学校教諭普通免許状です。高等学校教諭普通免許状の種類は短大卒業で取得できる2種免許状、四年制大学卒業で取得できる1種免許状、大学院修士課程卒業で取得できる専修免許状にわかれます。実際に教員として働くためには採用試験に合格する必要があります。

高等学校教諭普通免許状の受験資格
1種:4年制の大学で所定の教科20単位以上、教職科目23単位以上、教科または教職科目16単位以上習得して卒業した者など。
専修:4年制大学で1種免許を取得すること。または、大学院修士課程において所定の科目を修了した者。

高等学校教諭普通免許状の試験内容
一般教養、教職教養、論文、面接、実技  試験は都道府県や教科によって異なります。

高等学校教諭普通免許に関するお問い合わせ
各都道府県庁、教育委員会

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です