建築士

国家資格である建築士について掲載しています。
建築士は建築のデザインや設計など幅広い業務を行う資格です。



建築士とは
建築士は1級建築士、2級建築士、土木建築士の3つに別れています。建物の材料、高さ、面積といった規模によって、それぞれの業務範囲が限られています。1級建築士は、個人住宅からオフィスビル、大規模な都市計画にまで参加することができるスペシャリストの資格です。合格率は1級で11%、2級で23%の難関試験です。

建築士の受験資格
■2級、木造建築士
大学、短大、高専の建築課程の卒業者または土木課程の卒業者で実務経験1年以上
高校の建築または土木課程卒業者で実務経験3年以上の者etc
■1級建築士
大学の建築または土木課程の卒業者で、実務経験が2年以上の者
短大(3年制)の建築または土木課程の卒業者で、実務経験が3年以上の者
短大(2年制)の建築または土木課程の卒業者で、実務経験が4年以上の者
2級建築士で実務経験が4年以上の者etc

建築士試験攻略法
合格するためには独学では無理がでてきます。設計製図は難関なため、学校に通うことをおすすめすます。傾向と対策をしっかりとつかんでおく必要がある。法規問題は法令集の持ち込みが許可されているため、できるだけ点数を取っておきましょう。

建築士試験に関するお問い合わせ先
財団法人建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.jp

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です