建築施工管理技士2級

国家資格である建築施工管理技士2級の資格試験について掲載しています。
建築施工管理技士は工程管理、品質管理、安全管理など工事の施工管理を的確に行うために必要な資格です。



建築施工管理技士とは
建築業法では「専任の技術者、主任技術者、監理技術者」を必ず置かなければならないことがあります。建築施工監理技士は専任の技術者、主任技術者、監理技術者になることができる建設業界になくてはならない資格です。

建築施工管理技士の受験資格
■土木、建築などの指定校卒業者
1級:
大学卒業後3年以上の実務経験
短大卒業後5年以上の実務経験
2級建築施工管理技士合格後5年以上の実務経験
二級建築士合格後5年以上の実務経験
■指定校以外の卒業者
1級:
大学卒業後4年6ヶ月以上の実務経験
短大卒業後7年6ヶ月以上の実務経験

建築施工管理技士に関するお問い合わせ先
財団法人建設業振興基金試験研修本部
http://www.kensetsu-kikin.or.jp/honbu/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です