美容師

国家資格である美容師の資格試験情報を掲載しています。資格取得には厚生労働大臣指定の美容師の専門学校を卒業後、理容師美容師試験研究センターが行う国家試験に合格する必要があります。



美容師とは
美容師とは美容師法に基づく国家資格で、美容院や美容室での仕事を行うためには美容師の資格が必要になります。理容師と異なり、カットの技術以外に着物の着付けや日本髪の結い方などを学習します。
カリスマ美容師と呼ばれる人気の美容師も現れるなど、技術次第で高収入も期待できます。独立開業する人も多く若者に人気の資格です。

美容師の国家試験について
■実技試験
美容の基礎的技術
美容を行なう場合の衛生上の取扱
■筆記試験
関係法規、制度
衛生管理
美容保健
美容の物理・化学
美容理論
筆記試験と実技試験に合格する必要がありますが、片方のみ合格した場合、次回の試験に限って合格済みの試験は免除となります。
試験は財団法人理容師美容師試験研究センターが行なっており、受験料は実技試験13,000円、筆記試験9,600円です。美容師資格試験の合格率は80%です。

美容師試験の受験資格
厚生労働大臣指定の専門学校において、課程を2年以上修了した者。
厚生労働大臣指定の通信教育課程を3年以上修了した者。

美容師資格に関するお問い合わせ
財団法人理容師美容師試験研究センター
http://www.sb.rbc.or.jp

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です