社会福祉士

国家資格である社会福祉士の資格試験情報を掲載しています。福祉の資格の中でも最上位の資格で、国家試験合格後、財団法人社会福祉振興センターに登録すると社会福祉士として働くことができます。



社会福祉士とは
社会福祉士は高齢者や障害者が社会で快適に生きていくためにアドバイスしたり、相談をうける業務が行える資格です。受験資格をえる方法は複数あり、仕事を持っている人には社会人入試のある大学や、通信制の大学がむいています。国家試験の合格率は30%程度です。

社会福祉士の国家試験内容
社会福祉士の国家試験は1月に予定されています。
■試験科目
社会福祉原論、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、社会福祉援助技術、心理学、社会学、法学、医学一般、介護概論

社会福祉士試験の受験資格
福祉系の4年制大学を卒業している者
短大を卒業し、規定年数実務を積んでいる者(三年制の場合は1年、二年制は2年の実務が必要)
一般大学を卒業後、社会福祉一般養成施設で学んだ者

社会福祉士に関するお問い合わせ
財団法人社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/index_2.html

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です