介護福祉士

介護福祉法によって定められた介護福祉士の資格試験情報を掲載しています。ホームヘルパーよりも広範囲で業務ができるほか、福祉施設や病院、地域に籍をおくことになります。



介護福祉士とは
介護福祉士とは、介護福祉法によって定められており、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある方の入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、また介護者に対して介護に関する指導を行うことが仕事内容です。
厚生労働省指定の専門学校を卒業した場合は無試験で介護福祉士の資格を取得することができます。また、介護福祉士の国家試験を受験する場合も介護技術講習を受ければ、実技試験を免除されます。

介護福祉士試験内容
試験科目
■筆記試験
社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術、レクレーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術
■実技試験
介護に関する専門的技能(介護技術講習による試験免除制度あり)

介護福祉士の受験資格
3年以上の実務経験がある者
高校の福祉課で福祉に関する単位を修得した者
通信教育で指定科目を履修した者

介護福祉士に関するお問い合わせ
財団法人社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/index_2.html

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です