ライフセーバー

日本ライフセービング協会が実施しているライフセーバー資格認定講習会についての情報を掲載しています。水難事故を防止しながら、万が一の時に救助活動を行うのがライフセーバーの仕事です。



ライフセーバーとは
ライフセーバーは海やプールで起こる水辺の事故を未然に防ぐために監視活動を行い、もしもの事故のときには救出活動をし、心肺蘇生など応急手当を行う仕事です。
日本ライフセービング協会が実施するライフセーバー資格は、泳ぎや体力などの受講条件を満たした者は講習を受けることで資格を取得できます。期限は最高で3年間有効で、期限がきた場合は再度講習を受ける必要があります。
ライセンスの種類によって受験資格や講習内容が変わり、現在6種類のライセンスが実施されています。

ライフセーバーライセンスと講習内容
■心肺蘇生法(CPR)講習会
受講条件:15歳以上
資格有効期限:2年
講習内容:心肺蘇生法(CPR)の重要性と基本的な方法に関する知識及び心肺蘇生法(CPR)の手順と訓練用ダミーを用いた技術の習得、検定試験等
■ウォーターライフセーバー講習会
受講条件:
・15歳以上
・泳力400mを10分以内、50mを50秒以内
・潜行15m以上
・立ち泳ぎ2分以上
資格有効期限:3年
講習内容:ライフセービング概論、水辺に関する知識、水辺での救助法応急手当、蘇生法、サヴァイバル・スイム他
■ベーシックサーフライフセーバー講習会
受講条件:
・年齢18才以上(高校生を除く)
・泳力400mを9分以内、50mを40秒以内
・潜行20m以上
・立ち泳ぎ5分以上
資格有効期限:3年
講習内容:ライフセービング概論、海に関する知識、海浜での救助法応急手当、蘇生法、ビーチパトロール概論他
■アドバンスサーフライフセーバー講習会
受講条件:
・年齢19才以上
・ベーシック・サーフ・ライフセーバー資格取得後1年以上経過
・ビーチパトロールを20日間以上経験
・泳力800mを14分以内、50mを35秒以内
・潜行25m以上
・立ち泳ぎ10分以上
資格有効期限:3年
講習内容:救助技術・事故想定トレーニング、ビーチマネージメントマリンスポーツの知識、救助器材の活用と管理、蘇生法他
■IRBクルー講習会
受講条件:
・年齢18才以上(高校生を除く)
・ベーシック・サーフ・ライフセーバー資格取得
資格有効期限:3年
講習内容:船体・船外機の組み立て・収納・メインテナンス、クルーワーク・トレーニング、事故想定トレーニング他
■IRBドライバー講習会
受講条件:
・年齢19才以上
・IRBクルー資格取得後1年以上経過
・IRBに30時間以上乗船している
・平成16年10月31日までに小型船舶操縦士免許取得の方
資格有効期限:3年
講習内容:IRB操縦法、IRB救助法、緊急時対応、シグナル他

ライフセーバーとは
日本ライフセービング協会
http://www.jla.gr.jp/join/license.htm

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です