社会保険労務士

国家資格である社会保険労務士の資格試験情報を紹介しています。社会保険労務士は社会保険から労務管理まで行うスペシャリストの資格です。コンサルタント、独立開業もできる資格です。



社会保険労務士とは
社会保険労務士の資格を取得するには、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録する必要があります。
社会保険労務士は年金相談などの社会保険業務に加えて、就業規則の見直し、年俸制、職能給等の導入、職場環境の整備などの人事管理・労務管理まで行う専門家です。

社会保険労務士試験内容
・労働基準法及び労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・労働保険の保険料の徴収等に関する法律
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

社会保険労務士受験資格
■大学、短大、高専卒業者(62単位以上)
■労働および社会保険に関する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
■行政書士、税理士、弁護士、弁理士など
■社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
etc

社会保険労務士合格のコツ
合格率は10%程度の難関試験です。社会保険労務士試験はとにかく科目数が多いのです。いかに効率的な学習ができるかが鍵になります。効率的な勉強をするためには、ノウハウを持った資格試験対策の通信教育を利用したり、資格対策学校に通うことをおすすめします。

社会保険労務士試験に関するお問い合わせ先
社会保険労務士試験センター
http://www.sharosi-siken.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です