MBA

経営管理者として必要な分析能力や戦略の立て方、問題解決能力などを身につけた証になる資格です。MBAは欧米で経営学の大学院を卒業した者に与えられる学位のことです。


MBAとは
MBAは「Master of Business Administration(経営学修士号)」の略で、大学院レベルで経営学を学ぶプログラムのことです。
MBA試験について
MBAの受験資格は大学院によって異なります。マネージメント経験や語学力を受験資格に課す大学が多いようです。
MBAに出願するには欠かせないGMAT(Graduate Management Admission Test)で600点、TOEFLで600点以上が目安になります。
MBAへの入学は大学によって様々ですが倍率は10倍程度です。
試験日程は8月から組まれています。インターネットや書籍などを参考にして、早期の準備と対策が重要になってきます。
日本のMBAのある大学院
早稲田大学、慶応義塾大学、龍谷大学、立教大学、明治大学、法政大学、一橋大学、日本大学、新潟大学、名古屋学院大学、名古屋大学、同志社マネージメントスクール、筑波大学産能大学、国際大学、神戸大学、関西学院大学、青山学院大学、愛知学院大学、愛知大学、多摩大学、テンプル大学ジャパンキャンパス、立命館アジア太平洋大学、マギル MBA ジャパン
MBA通信教育
MBAの通信教育も注目を集めています。通信教育のMBAは国内にいながら経営修士号を取得できるメリットがあります。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です