中小企業組合士

全国中小企業団体中央会が実施している民間資格である中小企業組合士の資格試験情報を紹介しています。組合役職員として、職務の遂行に必要な知識を審査する資格試験です。



中小企業組合士とは
中小企業組合士は、中小企業組合に従事する役職員の資質の向上を図るため、その職務の遂行に必要な知識に関する試験を行い、試験合格者の中から一定の実務経験を有する者に対し中小企業組合士の称号を与えられる資格制度です。
認定試験合格後、3年以上の組合等での実務経験を積むと全国中小企業団体中央会から中小企業組合士の資格を取得できます。

中小企業組合士試験内容
■組合制度
■組合運営
■組合会計
3科目に合格すると中小企業組合士の認定資格が得られます。
※一部の科目について合格した場合は、その後3年間はその科目の受験が免除
受験料:5,000円(一部科目免除者は3,000円)
試験日:毎年12月の第1日曜日
試験地:札幌、青森、秋田、仙台、さいたま、東京、長野、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、松江、山口、高松、福岡、長崎、大分、宮崎、那覇

中小企業組合士試験に関するお問い合わせ先
全国中小企業団体中央会
http://www.chuokai.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です