福祉住環境コーディネーター検定

東京商工会議所が実施している公的資格試験として福祉住環境コーディネーターの資格試験情報を紹介しています。高齢者や障害者の自立した生活のために住環境の整備を行なうのが職務内容です。



福祉住環境コーディネーターとは
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切なリフォームプランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。
福祉住環境コーディネーター検定試験は3級から1級にわかれており、3・2級は年2回、1級は年1回実施されています。

福祉住環境コーディネーター試験内容
■3級
福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度を確認します
試験方式:マークシート
合格基準:第一分野と第二分野ともに70%以上をもって合格
■2級
3級で得た福祉と住環境の知識を実務に活かすために、より幅広く確実な知識を身につけます。また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力を求めます。
試験方式:マークシート
合格基準:100点満点で70点以上で合格
■1級
3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力を求めます。
試験方式:一次試験はマークシート、二次試験は論述試験
合格基準:一次試験は100点満点で70点以上で合格 二次の論述は70%以上で合格

福祉住環境コーディネーター受験資格
3級と2級に受験資格はありません。同日にあわせて受験することができます。
1級の受験資格として福祉住環境コーディネーター2級を取得している必要があります。

福祉住環境コーディネーター検定試験に関するお問い合わせ
東京商工会議所
http://www.kentei.org/fukushi/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です