助産師

国家資格である助産師の資格試験情報を紹介しています。助産師は母親と新しい命の誕生を手助けする医療の資格です。



助産師とは
助産師とは妊婦が安全に出産・育児ができるように肉体的にも精神的にも支え、適切なアドバイスを行なう仕事です。地域によっては産婦人科医が少なく、出産が困難になっています。そこで注目を集めているのが助産師の資格です。

助産師試験科目
基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健及び助産管理

助産師受験資格
看護師国家試験に合格した者で、
(1)文部科学大臣の指定した学校において6月以上助産に関する学科を修めた者(修業する見込みの者を含む。)
(2)厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)
(3)外国の助産師学校を卒業し、又は外国において助産師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者

助産師試験地
北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

助産師資格試験に関するお問い合わせ
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です