実用数学技能検定(数検)

財団法人日本数学検定協会が実施している実用数学技能検定(数検)についての資格試験情報を紹介しています。数検は英検、漢検とならぶ三大検定試験の一つです。



実用数学技能検定(数検)とは
実用数学技能検定とは、数学・算数に関する検定試験です。小学生レベルの8級から大学卒業程度の1級まで10段階にわかれた数学の能力を検定する資格試験です。
試験は級別に行われ、一次試験、二次試験によって行なわれます。一次試験の70%、二次試験の60%の得点をすると合格となります。

実用数学技能検定(数検)
■1級(高等学校~大学卒業程度)
一次:7問程度(60分)、二次:2題必須・5題より2題選択(120分)
■準1級(高等学校1年~大学程度)
一次:7問程度(60分)、二次:2題必須・5題より2題選択(120分)
■2級(中学校3年~高等学校3年程度)
一次:15問程度(60分)、二次:2題必須・5題より3題選択(90分)
■準2級(中学校2年~高等学校2年程度)
一次:15問程度(60分)、二次:3~5題10問(90分)
■3級(中学校1年~高等学校1年程度)
一次:30問程度(60分)、二次:20問程度(60分)
■4級(小学校6年~中学校3年程度)
一次:30問程度(60分)、二次:20問程度(60分)
■5級(小学校5年~中学校2年程度)
一次:30問程度(60分)、二次:20問程度(60分)
■6級(小学校4年~中学校1年程度)
一次:30問程度(60分)、二次:20問程度(60分)
■7級(小学校3年~小学校6年程度)
一次:30問程度(60分)、二次:20問程度(60分)
■8級(小学校2年~小学校5年程度)
一次:30問程度(60分)、二次:20問程度(60分)

実用数学技能検定(数検)優遇制度
■実用数学技能検定2級以上の資格を取得すると、高等学校卒業程度認定試験の「数学」が免除になります。
■実用数学技能検定の資格取得者に対して、取得者入試優遇措置校が全国にあります。
■実用数学技能検定の資格取得者に対して、単位認定制度実施校が全国にあります。

実用数学技能検定(数検)に関する申込・お問い合わせ先
財団法人日本数学検定協会
http://www.suken.net/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です