衛生管理者

国家試験である衛生管理者の資格試験情報を紹介しています。衛生管理者は職場環境や職場で働く人たちの健康を守るなど、安全と衛生についてのスペシャリストとして認定される国家資格です。



衛生管理者とは
50人以上の常勤者がいる事業所は必ず衛生管理者を選任しなければならないと、労働安全衛生法で義務づけられています。
衛生管理者は労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病予防の措置などを担当し、事業所の衛生全般を管理することが仕事内容です。作業場を巡回し、必要な時は対策を講じます。
衛生管理者には衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者があり、第二種衛生管理者は事務系の職場に限定されます。一方、第一種衛生管理者は危険な作業をともなうようなあらゆる職場でも活動できます。衛生工学衛生管理者は大学または高等専門学校において工学又は理学に関する課程を修めて卒業した者など一定の資格を有する者が厚生労働大臣の定める講習を受け、修了試験に合格することにより取得できる。
就職や転職に安全衛生管理者の資格をいかしたたいとお考えの方には、第一種衛生管理者の資格取得をおすすめいたします。

衛生管理者試験内容
■労働衛生
■関係法令
■労働生理
※衛生管理者免許試験は月に数回行なわれています。
受験料:8,300円

衛生管理者試験受験資格
・大学、短大、高専を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務経験のある者
・高校を卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務経験のある者
・10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者
etc

衛生管理者に関するお問い合わせ先
財団法人安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です