歯科医師

国家資格である歯科医師の資格試験情報を紹介しています。歯科医師は歯医者と呼ばれることが多く、社会的地位も高くい。歯科医師の7割が街の歯医者として開業する資格です。



歯科医師とは
歯科医師とは口腔の健康を専門分野とした医師です。虫歯の治療や歯石の除去、歯並びの矯正、癌を治療する口腔外科などを行います。
歯科医師になるためには、歯科大学または歯学部で6年間学び、歯科医師国家試験に合格する必要があります。
歯科医師のおかれている状況としては、歯科医師の7割が開業しています。しかし、都心部では競争が激しく、過疎地では歯医者が不足している。歯医者も小児歯科、審美歯科、矯正歯科、訪問診療など専門の特色を出し、利用者を増やす努力をしている。

歯科医師試験内容
臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能
■必須問題
・基礎医学
■総論問題
・歯科保健医療総論
■一般問題
・歯科疾患の予防・管理
・歯内療法学
・歯周療法学
・保存修復学
・全部床義歯学
・部分床義歯学
・クラウン・ブリッジ学
・小児歯科学
・歯科矯正学
・口腔外科学
・歯科放射線学
・歯科麻酔学

歯科医師受験資格
・歯科大学または歯学部を卒業した者(卒業見込みを含む)
・歯科医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び口腔衛生に関する実地修練を経た者(実地修練終了見込みを含む)
・外国の歯科医学校を卒業し、又は外国で歯科医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記の受験資格と同等と認めた者
etc

歯科医師試験に関するお問い合わせ先
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です