米国税理士EA

米国税理士はアメリカの税金の専門家として活躍できる職業です。米国税理士の資格の取得方法を紹介しています。米国税理士の資格を持つだけでは日本で税理士業務は行なえません。



米国税理士
 米国税理士とは、アメリカの連邦政府から税理士の免許を交付され者です。アメリカでは給与所得も個人での申告が必要となり、納税の代理申告が米国税理士の主な業務です。
 米国税理士の資格では日本国内で報酬を得てはいけません。米国税理士の資格取得の目的としては、アメリカに資産を持つ日本人なども多くなってきており、日本の税制の知識と組みあわせれば、コンサルティングとして活躍することも可能です。
 日本で米国税理士の資格のみで活躍することは難しいはずです。アメリカと関係のあるクライアントが欲しい方や、米国の税制や国際会計を学ぶ方におすすめです。

米国税理士試験内容
■所得税
■個人事業所得税、パートナーシップ税
■法人税、相続・贈与税、信託
■申告倫理、記帳手続、不服申立手続、非課税財団、国税徴収法
etc

米国税理士に関するお問い合わせ先
米国税理士の資格を扱う専門学

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です