歯科技工士

歯科医療に不可欠な職業である歯科技工士についての資格試験情報を紹介しています。歯科技工士は国家資格であるため、歯科技工士になるためには国家試験に合格する必要があります。



歯科技工士とは
 失った歯や傷ついた歯を復元する歯科治療のプロです。歯科医師の依頼をうけ、義歯や入れ歯を作成する職業です。
 歯科技工士の資格を持った人は歯科技工所や歯科医院で活躍することができます。 健康的な食生活を営むために欠かせない技術者ですので、高齢化社会が進むにつれて、医療系資格として歯科技工士への期待も高い資格といえます。
 歯科技工士の国家試験の合格率はほぼ100%。専門学校などの養成学校に入学できるかがポイントです。

歯科技工士国家試験
■学説試験
歯の解剖学、顎口腔機能学、有床義歯技工学、歯冠修復技工学、矯正歯科技工学、小児歯科技工学、歯科理工学、関係法規
■実地試験
歯科技工実技
国家試験は学説試験と実地試験があり、2日間に分けて行われます。

歯科技工士受験資格
●文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した歯科技工学校を卒業した者(卒業見込みの者を含む。)
●歯科医師国家試験、歯科医師国家試験予備試験を受けることができる者

歯科技工士に関するお問い合わせ先
各都道府県衛生部医務課

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です