臨床検査技師

臨床検査技師は血液や尿の検査をはじめ、心電図、脳波、超音波など様々な検査を行なう職業です。臨床検査技師になるための方法を紹介しています。



臨床検査技師とは
 臨床検査技師は様々な検査を行なう職業です。医療技術の発展にともなって、さまざまな医療機器を用いた新たな検査方法が開発されおり、ニーズの高い国家資格です。
 臨床検査技師の就職先としては、病院などの医療施設、大学や製薬会社の研究室、臨床検査センター、医療機器メーカーなどで勤務します。

臨床検査技師資格取得方法
臨床検査技師を養成する学校で3年以上学び、国家試験を受けることによって取得できます。

臨床検査技師国家試験内容
医用工学概論、公衆衛生学、臨床検査医学総論etc
※試験は3月に行なわれ、受験料は11,300円、受験地は北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄

臨床検査技師試験受験資格
大学の入学資格を有し、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の臨床検査技師養成所において、3年以上必要な知識及び技能を修得した者(卒業見込みを含む)

臨床検査技師に関するお問い合わせ先
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です