作業療法士

作業療法士の資格取得方法を紹介しています。作業療法士は手芸や工芸、陶芸などを通じて心身に障害を持った人の健康回復を図る国家資格です。



作業療法士とは
 作業療法士は医療施設やリハビリ施設に勤務し、心身に障害を持った方の回復のお手伝いを行います。回復させる方法は手芸、工芸、陶芸などの作業を通して行います。
 作業療法士を育成する医療系の専門学校は増えてきましたが、作業療法士の有資格者の数はまだまだ足りず、医療施設やリハビリ施設からのニーズに対して慢性的な人手不足です。
 作業療法士の国家試験の合格率は90%と非常に高いものの、作業療法士の専門学校や大学などの養成学校に数が少なく、他の医療系資格と同様に学校に入学することが資格取得のポイントになっています。

作業療法士試験内容
作業療法士の国家試験は一般問題と実地問題が行なわれます。
■ 一般問題
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要、作業療法
■ 実地問題
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要、作業療法

作業療法士受験資格
文部科学大臣又は厚生労働大臣が指定した作業療法士を養成する学校や施設において、3年以上、作業療法士として必要な知識及び技能を修得した者

作業療法士国家試験に関するお問い合わせ先
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です