言語聴覚士

言語聴覚士は言語機能障害や聴覚障害を持った人の相談に乗り、指導やリハビリを行なう職業です。言語聴覚士の資格を取得するための国家試験情報を紹介しています。



言語聴覚士とは
 言語聴覚士とは、機能回復訓練の立案に欠かせない、検査と評価も行なう重要な資格です。脳梗塞による言語障害や難聴等の聴覚障害をもった人の機能回復のために、指導やリハビリを行ないます。

言語聴覚士試験内容
■基礎医学
■臨床医学
■臨床歯科医学
■音声・言語・聴覚・医学
■心理学
■社会福祉・教育
etc

言語聴覚士受験資格
 文部科学大臣が指定した大学(4年制大学、3年制短期大学)、または厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所に入学し、必要な知識および技能を修得して卒業することが国家試験の受験資格を得る主要なルートです。
 4年制大学卒業者の場合は、2年制の専修学校において必要な知識および技能を修得して卒業することが必要です。
 
 大学(短期大学を除く)において厚生労働大臣が指定する科目を修めて卒業した方は、書類審査を経て受験資格を得ることができます。

言語聴覚士に関するお問い合わせ先
日本言語聴覚士協会
http://www.jaslht.gr.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です