精神保健福祉士

精神保健福祉士は精神障害者の社会復帰をサポートする職業です。精神保健福祉士として働くためには国家試験を受ける必要があります。資格取得方法を紹介しています。



精神保健福祉士
 精神保健福祉士は精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって精神病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行職業です。
 精神保健福祉士として活躍するためには精神保健福祉士について専門的に学び、国家試験を受ける必要があります。
 精神保健福祉士の資格が比較的新しい資格であるため、まだ有資格者が少ないため注目の資格です。社会福祉士などの福祉の資格と合わせて取得することで効果的な資格となります。

精神保健福祉士試験内容
■試験科目
精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉論、精神保健福祉援助技術、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、心理学、社会学、法学及び医学一般
■試験地
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
■受験料
11,500円

精神保健福祉士受験資格
・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した者
・精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した者

精神保健福祉士についてのお問い合わせ先
財団法人社会福祉振興試験センター
http://www.sssc.or.jp/index_2.html

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です