エネルギー管理士

エネルギー管理士は工場などで燃料や電気などのエネルギーの使用方法の監視や、設備の保全を行なう職業です。エネルギー管理士として活躍するためには国家試験に合格する必要があります。



エネルギー管理士とは
 規定量以上のエネルギーを使用する工場のうち製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の5業種は、エネルギーの使用量に応じてエネルギー管理士の免状の交付を受けている人のうちから1人ないし4人のエネルギー管理者を選任しなければなりません。
 エネルギー管理者は、エネルギーの使用の合理化に関して、エネルギーを消費する設備の維持、エネルギーの使用に方法の改善及び監視、その他経済産業省令で定めるエネルギー管理の業務を行います。
 エネルギー管理士の資格取得方法は国家試験に合格する方法と、認定研修による取得方法の2通りがあります。

エネルギー管理士国家試験情報
 財団法人省エネルギーセンターが毎年8月に行うエネルギー管理士試験に合格する。国家試験に受験資格はありません。
 エネルギー管理士国家試験は合格課目試験免除制度が採用されており、3年以内に受験する場合、合格している課目の試験が免除になります。

エネルギー管理士の試験内容
必須:エネルギー総合管理および法規
選択:熱分野または電気分野のいずれかを選択

エネルギー管理士認定研修
 エネルギー管理研修を受けるためには、研修申込時までにエネルギーの使用に関する合理化に関する実務に3年以上従事していることが必要です。
 財団法人省エネルギーセンターが毎年12月に行うエネルギー管理研修を受講し修了すること。

エネルギー管理士に関するお問い合わせ先
財団法人省エネルギーセンター

http://www.eccj.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>