廃棄物処理施設技術管理者

廃棄物処理施設技術管理者とは産業廃棄物処理施設を適正に維持管理する者としての廃棄物処理施設技術管理者を置くことが義務付けられています。



廃棄物処理施設技術管理者とは
 廃棄物処理施設の維持管理に関する技術上の業務を担当させるための技術管理者です。
 資格取得方法は廃棄物処理施設技術管理者講習を受けることで取得できます。

廃棄物処理施設技術管理者 資格取得方法
廃棄物処理施設技術管理者講習(管理過程)に全日程出席し、最終日に行われる能力認定試験に合格する必要があります。ただし、管理過程の受講資格を満たしていない場合は、基礎・管理過程の講習を受ける必要があります。

廃棄物処理施設技術管理者受講資格
■基礎・管理過程は20歳以上
■管理過程は廃棄物処理に関する技術上の実務に従事した経験が、学歴および保持資格により0~10年必要(詳細は日本環境衛生センターにお問い合わせください。)

廃棄物処理施設技術管理者に関するお問い合わせ先
財団法人日本環境衛生センター研修部
http://www.jesc.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です