放射線取扱主任者

放射線取扱主任者とは、放射線障害防止法に基づき、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行う者です。



放射線取扱主任者とは
 放射線取扱主任者とは文部科学大臣が許可する国家資格で、財団法人原子力安全技術センターが試験を行います。
 放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行うのに必要な資格。放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う事業所では最低1人の放射線取扱主任者の選任が義務づけられている。免状を取得するには、試験に合格後、文部科学大臣が行う講習を修了する必要がある。
 放射線取扱主任者は扱える業務によって第1種放射線取扱主任者、第2種放射線取扱主任者、第3種放射線取扱主任者の3区分にわかれます。

第1種放射線取扱主任者
■業務
放射線発生装置、非密封の放射性同位元素、施設・定期検査対象の大量の密封放射性同位元素を扱う許可使用者又は許可廃棄業者。
■試験内容
・物理学、化学及び生物学のうち放射線に関するもの
・物理学のうち放射線に関するもの
・化学のうち放射線に関するもの
・放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する管理技術並びに放射線の測定に関する技術
・生物学のうち放射線に関するもの
・放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する法令
■講習
指定講習は5日間

第2種放射線取扱主任者
■業務
施設・定期検査対象外の密封放射性同位元素のみを扱う許可使用者。
■試験内容
・放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術
・放射性同位元素による放射線障害の防止に関する法令
■講習
指定講習は3日間

第3種放射線取扱主任者
■業務
文部科学大臣が定める下限数量の1000倍までの量の密封放射性同位元素を扱う届出使用者、届出販売業者又は届出賃貸業者。
■試験内容
講習のみで試験はありません。

放射線取扱主任者に関するお問い合わせ先
財団法人原子力安全技術センター
http://www.nustec.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です