浄化槽管理士

浄化槽管理士とは浄化槽の保守点検を行なう職業です。浄化槽管理士は環境省が認定する国家資格で、国家試験に合格する方法と講習を修了することによって取得する方法があります。



浄化槽管理士とは
 浄化槽の保守点検を「浄化槽の点検、調整またはこれらに伴う修理をする作業」と浄化槽法で定義されており、浄化槽の保守点検は浄化槽管理士しか行うことができないと定められています。
 浄化槽管理士の資格取得方法は国家試験に合格する方法と、80時間の浄化槽管理士講習を修了することによって取得する方法があります。

浄化槽管理士国家試験
■試験内容、試験問題
・浄化槽概論
・浄化槽行政
・浄化槽の構造及び機能
・浄化槽工事概論
・浄化槽の点検、調整及び修理
・水質管理
・浄化槽の清掃概論
■浄化槽管理士試験補足
試験日:10月
試験申込:7月
試験地:宮城、東京、愛知、大阪、福岡
受験料:20,200円

浄化槽管理士講習会情報
■講習会内容
国家試験の内容と同じ
■講習会補足
講習会は年間6回、全国の主要都市で実施されます。
講習料:129,700円(一部免除者は120,200円)

浄化槽管理士に関するお問合せ先
財団法人日本環境整備教育センター
http://www.jeces.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です