気象予報士

気象予報士とは、国家資格の一つで、天気の予報業務を行なう事業所などに置かなければならない資格です。テレビアナウンサーなどが取得して話題になっている職業です。



気象予報士
 予報業務を行おうとする者は、現象の予想を気象予報士に行なわせなければならないとされています。気象予報士の資格取得を取得したアナウンサーやタレントが話題になり、注目を集めている国家資格です。

気象予報士試験科目
■一般知識(多肢選択式)
大気の構造、大気の熱力学、降水過程、大気における放射、大気の力学、気象現象、気候の変動、気象業務法その他の気象業務に関する法規
■専門知識(多肢選択式)
観測の成果の利用、数値予報、短期予報・中期予報、長期予報、局地予報、短時間予報、気象災害、予想の精度の評価、気象の予想の応用
■実技試験(記述式)
気象概況及びその変動の把握、局地的な気象の予想、台風等緊急時における対応

気象予報士試験情報
■受験資格
制限なし
■試験日
1月と8月の年二回
■試験地
北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県
■受験料
11,400円
■合格率
7%程度

気象予報士の資格に関するお問い合わせ先
財団法人気象業務支援センター試験部
03-5281-3664
http://www.jmbsc.or.jp

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です