司法書士

司法書士は裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成及び登記又は供託手続きの代理を行なう職業です。司法書士の資格取得方法を紹介しています。



司法書士とは
 司法書士とは裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成及び登記又は供託手続きの代理を行なう職業です。
 司法書士の資格取得方法は法務省が実施する司法書士試験に合格する方法と、裁判所事務官,裁判所書記官,法務事務官又は検察事務官などの一定の職にあった者の中から、考査の上で司法書士資格を得る方法があります。

司法書士国家試験の内容
・憲法,民法,商法及び刑法に関する知識
・不動産登記及び商業(法人)登記に関する知識
・供託並びに民事訴訟,民事執行及び民事保全に関する知識
・その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

司法書士に関するお問い合わせ先
法務省
http://www.moj.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です