弁理士

弁理士は、特許、実用新案、意匠、商標など知的財産を守るスペシャリストです。弁理士は知的財産における法律家といえます。資格取得方法を紹介しています。



弁理士とは
 弁理士とは知的財産における法律のスペシャリストです。弁理士の資格を取得すれば行政書士の資格も取得できます。企業にとって知的財産を守ることは重要な問題ですので、弁理士の活躍の場がひろがっています。

弁理士の資格取得方法
■弁理士の国家試験に合格する
■弁護士の資格を持つ者
■特許庁審査官、審判官として7年以上の経験を持つ者

弁理士国家試験問題
■一次試験(短答式筆記試験)
特許法、実用新案法、意匠法、商標法、工業所有権に関する条約、著作権法、不正競争防止法
■二次試験(論文式筆記試験)
必須科目:特許法・実用新案法、意匠法、商標法
選択科目:地球工学、機械工学、物理工学、情報通信工学、応用化学、バイオテクノロジー、弁理士の業務に関する法律の中から1科目
■三次試験(口述試験)
特許法・実用新案法、意匠法、商標法の3科目それぞれの科目について各10分程度

弁理士の資格に関するお問い合わせ先
特許庁ホームページ
http://www.jpo.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です