皇宮護衛官

皇宮護衛官は天皇その他の皇族の護衛や皇居、御所、御用邸などの警備を行なう職業です。公務員試験である皇宮護衛官試験に合格する必要があります。



皇宮護衛官とは
皇宮護衛官は天皇その他の皇族の護衛や皇居、御所、御用邸などの警備を行なう職業です。公務員試験である皇宮護衛官試験に合格する必要があります。採用試験は一次試験、二次試験によって行なわれ、身体測定の基準を満たしたものが採用されます。

皇宮護衛官試験受験資格
受験をする年の4月1日の時点における年齢が、17歳以上23歳未満の者
学歴による受験制限はありません。

皇宮護衛官試験内容
■一次試験
教養試験(択一式、2時間 50問)
作文試験(50分)
身体測定
■二次試験
人物試験(個別面接)
身体検査
体力検査
※一次試験の作文試験は一次試験の合格者決定には反映されません。最終合格決定の際に他の試験に総合されます。

皇宮護衛官教養試験科目
文章理解(9)、判断推理(9)、数的推理(5)、資料解釈(2)、数学(2)、物理(2)、化学(2)、生物(2)、地学(1)、日本史(2)、世界史(2)、地理(2)、倫理(1)、文学・芸術(2)、国語(1)、政治(2)、経済(2)、社会(2)
※括弧内は問題数を現します。

皇宮護衛官身体測定の合格基準
身長:男子160cm以上、女子156cm以上
体重:男子48kg以上、女子47kg以上
色覚異常がない
運動機能が正常

皇宮護衛官に関するお問合せ先
皇宮警察本部
東京都千代田区千代田1番3号
03-3231-3115

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です