防火管理者

防火管理者は防火管理者講習を受講することで取得できる資格です。消防法により一定以上の規模や人の出入りの多い施設では防火管理者をおかなければならないとされています。



防火管理者とは
 防火管理者は甲種と乙種にわかれており、種類によって管理できる施設が変わってきます。防火管理者として、施設を管理する場合は防火管理者の資格証明が必要になります。
 防火管理者の資格取得方法は講習、消防職員、学歴のいずれかで取得することができます。

防火管理者講習
消防本部・消防署などが主催する防火管理者講習を受講することで資格を取得できます。甲種防火管理者で2日、乙種防火管理者で1日の講習を受けることになります。

学歴による防火管理者資格取得
総務大臣の指定する防災に関する学科又は課程を修めて卒業した者で、1年以上防火管理の実務経験を有する者

消防職員による防火管理者資格取得
市町村の消防職員で、管理的又は監督的な職に1年以上あつた者

防火管理者資格取得に関するお問い合わせ先
財団法人日本防火協会
http://www.n-bouka.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です