不動産鑑定士

不動産鑑定士は不動産の権利価値について鑑定する専門的な職業です。不動産鑑定業を営むためには不動産鑑定業者の登録が必要です。不動産鑑定士の資格取得方法について紹介しています。



不動産鑑定士とは
不動産鑑定士とは不動産鑑定業を営むために必要な国家資格です。不動産鑑定士の国家試験は難易度が高く合格率が数%と低い。そのため、不動産鑑定士の資格を取得できれば年収アップも期待できます。

不動産鑑定士国家試験内容
■短答式試験
土地基本法、不動産の鑑定評価に関する法律、地価公示法、国土利用計画法、都市計画法、土地区画整理法、都市再開発法、建築基準法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、不動産登記法、土地収用法、土壌汚染対策法、文化財保護法、農地法、所得税法、法人税法、租税特別措置法、地方税法、都市緑地法、住宅の品質確保の促進等に関する法律、宅地造成等規制法、新住宅市街地開発法、宅地建物取引業法、公有地の拡大の推進に関する法律、自然公園法、自然環境保全法、森林法、道路法、河川法、海岸法、公有水面埋立法、国有財産法、相続税法
■論文式試験
民法、会計学、経済学、不動産の鑑定評価に関する理論、不動産の鑑定評価に関する理論(演習科目)からの出題
※短答式試験に合格し、論文式試験に不合格となった者は、その後2年間短答式試験が免除。

不動産鑑定士試験に関するお問い合わせ先
国土交通省
http://www.mlit.go.jp/kokkasiken/kokkasiken.html

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です