飼料製造管理者

飼料製造管理者の資格取得方法を紹介しています。飼料製造管理者は牛や豚などの家畜の飼料を安全に提供するための専門家の資格です。



飼料製造管理者とは
ペットの餌をつくるのではなく、牛や豚などの家畜の餌を製造する際に必要となる国家資格です。
飼料を製造する事業所には必ず設置しなければならないと法律で定められています。
資格取得には講習を受ける必要があり、講習修了後の試験に合格すると資格を取得することができます。

飼料製造管理者の資格取得方法
飼料製造管理者の講習は六日間あり、講習終了後に筆記試験が行われます。この筆記試験に合格すると資格取得できます。

飼料製造管理者の講習内容
・飼料の安全性確保、品質改善に関する行政令
・家畜衛生及び、食品衛生に関する法令
・製造管理
・飼料の分析と鑑定
・家畜栄養学
・家畜衛生学
・飼料及び、飼料添加物の安全対策
・飼料添加物各論
・飼料及び飼料添加物の分析実習
・修了考査

飼料製造管理者を含む資格
獣医師、薬剤師の資格を持っている者、大学や高専で薬学・獣医学・畜産学などの学んだ者は有資格者として扱われます。

飼料製造管理者に関するお問い合わせ先
独立行政法人 肥飼料検査所
048-601-1176

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です