高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験は大学入学資格検定(大検)と呼ばれた制度です。高校を卒業していない者に、大学・短大・専門学校の受験資格を与える試験です。試験を受ける際に参考にしてください。



高等学校卒業程度認定試験とは
高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。
合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。

高等学校卒業程度認定試験の受験資格
満16歳以上になる人であれば、だれでも受験できます。
全日制高等学校等に在籍されている方も受験が可能となりました。しかし、すでに大学を受験できる資格を有する方は受験できません。

高等学校卒業程度認定試験の受験料
■7科目以上9科目以下で8,500円
■4科目以上6科目以下で6,500円
■3科目以下で4,500円

高等学校卒業程度認定試験の受験科目
■必修科目
・国語
・数学
・英語
■選択科目
・世界史(A、B選択)
・地理または日本史(A、B選択)
・現代社会または倫理・政治・経済のどちらか必修
・理科総合、物理、化学、生物、地学の5科目の中から2科目

高等学校卒業程度認定試験に関するお問合せ先
文部科学省 生涯学習政策局生涯学習推進課
http://www.mext.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です