総合無線通信士

無線の国家資格である「総合無線通信士」の資格試験情報を紹介しています。総合無線通信士の国家試験情報や受験資格を掲載していますので、資格取得の際は参考にしてください。



総合無線通信士とは
総合無線通信士は年二回行われる総合無線通信士壕の国家試験に合格すると総務省によってあたえられる国家資格です。
総合無線通信士は一級から三級にわかれ、第一級と第二級は7科目、第三級は5科目を3年間で合格すれば合格となります。
総合無線通信士の国家試験は筆記試験と実技試験によって行われます。

総合無線通信士の筆記試験内容
・無線工学の基礎
・無線工学A
・無線工学B
・法規
・英語
・地理(三級にはありません)

総合無線通信士の実技試験内容
■第一級総合無線通信士
・モールス電信 一分間七十五字の速度の和文、一分間八十字の速度の欧文暗語及び一分間百字の速度の欧文普通語によるそれぞれ約五分間の手送り送信及び音響受信
・直接印刷電信 一分間五十字の速度の欧文普通語による約五分間の手送り送信
・電話 一分間五十字の速度の欧文(運用規則別表第五号の欧文通話表によるもの)による約二分間の送話及び受話
■第二級総合無線通信士
・モールス電信 一分間七十五字の速度の和文,一分間八十字の速度の欧文暗語及び一分間百字の速度の欧文普通語によるそれぞれ約五分間の手送り送信及び音響受信
・電話 一分間五十字の速度の欧文(運用規則別表第五号の欧文通話表によるもの)による約二分間の送話及び受話
■第三級総合無線通信士
・モールス電信 一分間七十字の速度の和文,一分間八十字の速度の欧文暗語及び一分間百字の速度の欧文普通語によるそれぞれ約三分間の手送り送信及び音響受信

総合無線通信士の受験資格
■第一級総合無線通信士
・現に第二級総合無線通信士の資格を有し、かつ、当該資格により海岸局又は船舶局の無線設備の国際通信のための操作に七年以上従事した経歴を有すること
■第二級総合無線通信士
・現に第三級総合無線通信士の資格を有し、かつ、当該資格により船舶局の無線設備の国際通信のための操作に七年以上従事した経歴を有すること。
■第三級総合無線通信士
・特にありません。

総合無線通信士に関するお問い合わせ先
財団法人日本無線協会
http://www.nichimu.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です