陸上無線技術士

陸上無線技術士とは放送局などの全ての無線設備の技術操作及び設備管理を行うことができる技術者の資格です。陸上無線技術士の資格取得情報を紹介していますので参考にしてください。



陸上無線技術士とは
全ての無線設備の技術操作及び設備管理を行うことができる技術者ですので、放送局、気象庁、運輸局、警察など無線設備が必要なところにはかかせない職業です。
陸上無線技術士は第一級と第二級に分かれ、第一級は無線設備の技術操作(目的・範囲を問わず、全ての無線局が対象)、第二級は取り扱える空中線電力と周波数に制限がある。通信操作を行うことはできない。

陸上無線技術士試験科目
■無線工学の基礎
・電気物理
・電気回路
・半導体及び電子管
・電子回路
・電気磁気測定
■法規
・電波法及びこれに基づく命令の概要
■無線工学A
・無線設備の理論、構造及び機能
・無線設備のための測定機器の理論、構造及び機能
・無線設備及び無線設備のための測定機器の保守及び運用
■無線工学B
・空中線系及び電波伝搬(以下「空中線系等」という。)の理論、構造及び機能
・空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能
・空中線系及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用

陸上無線技術士の受験料
・第一級陸上無線技術士は13,950円
・第二級陸上無線技術士は11,850円

陸上無線技術士
財団法人日本無線協会
〒104-0053
東京都中央区晴海3-3-3 江間忠ビル
03-3533-6821
http://www.nichimu.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です