土木施工管理技士

土木施工管理技士は土木施工管理技術検定試験に合格することで取得できる国家資格です。土木工事の適正な施工確保ための施工管理技士資格の一つです。



土木施工管理技士とは
施工管理技士の資格の一つで、土木工事の適正な施工確保を目的としています。2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士にわかれます。
一級土木施工管理技士は、河川、道路、橋梁などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として管理できます。
二級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁などの土木工事において、主任技術者として管理などを行います。

土木施工管理技士試験情報
土木施工管理技士は1級と2級とも学科・実地試験が行なわれます。1級の検定料は学科試験8,200円、実地試験 8,200円です。2級は学科試験4,100円、実地試験4,100円です。

1級土木施工管理技士受験資格
(1年以上の指導監督的実務経験年数)
・大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6ヶ月以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6ヶ月以上の実務経験
・上記以外の者は15年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年以上の者は合格後、5年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、9年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、10年6ヶ月以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者はその他で14年以上の実務経験
(専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者)
・級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年以上の者は合格後、1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、7年以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、8年6ヶ月以上の実務経験
・2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者はその他で12年以上の実務経験
・上記以外の者は高等学校の指定学科を卒業後、8年以上の実務経験
・上記以外の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、11年以上の実務経験
・上記以外の者はその他で13年以上の実務経験

2級土木施工管理技士受験資格
・大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、1年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
・上記以外の者は8年以上の実務経験

土木施工管理技士試験に関するお問い合わせ先
財団法人全国建設研修センター
http://www.jctc.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です