給水装置工事主任技術者

給水装置工事主任技術者とは給水装置工事をする上で必要となる資格です。給水装置工事をする上での管理、指導監督、検査を行ないます。資格試験情報を紹介しています。



給水装置工事主任技術者
 給水装置工事主任技術者とは給水装置工事をする上で必要となる資格です。給水装置工事をする上での管理、指導監督、検査を行なう職業です。
 給水装置工事主任技術者は国家試験に合格することで取得できる資格です。

給水装置工事主任技術者国家試験
■試験科目
・公衆衛生概論
・水道行政
・給水装置の概要
・給水装置の構造及び性能
・給水装置工事法
・給水装置施工管理法
・給水装置計画論
・給水装置工事事務論
■受験資格
給水装置工事に関して3年以上の実務の経験
■試験科目の一部免除
建設業法施行令(昭和31年政令第273号)第27条の3の表に掲げる検定種目のうち、管工事施工管理の種目に係る1級又は2級の技術検定に合格した方は、上記試験科目のうち給水装置の概要及び、給水装置施工管理法の免除を受けることができます。

給水装置工事主任技術者に関するお問い合わせ先
(財)給水工事技術振興財団 国家試験部国家試験課
http://www.kyuukou.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です