理学療法士

医療系国家資格である理学療法士の資格試験情報を紹介しています。理学療法士は物理的な治療を用いて、リハビリテーションの指導や助言を行なう仕事です。



理学療法士とは
 病気やケガなどによって、歩くなどの基本動作が困難な患者に対して、マッサージや電気刺激、温熱治療などを用い、リハビリの指導や助言を行なうのが理学療法士です。
 国家試験を受けるためには、理学療法士の専門学校に通学する必要があります。専門学校では基本知識の習得に加え、医療施設などでの研修も行なわれます。
 高齢化社会において、理学療法士のニーズは高まっています。就職先としては、医療施設や福祉施設などで働きます。

理学療法士試験内容
理学療法士の国家試験は筆記試験と実技試験によって行なわれます。筆記試験は一般問題と実地問題に別れ、実技試験では口述試験も行なわれます。
実技試験は東京のみ

理学療法士受験資格
文部科学省または厚生労働省が指定した、理学療法士の養成学校(専門学校や大学)において3年以上理学療法士として必要な知識と技能を修得した者。

理学療法士の国家試験に関するお問合せ先
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です