歴史能力検定

歴史能力検定協会が実施している民間資格として歴史能力検定について紹介しています。日本史と世界史に別れており、歴史好きの方におすすめの趣味の検定試験です。



歴史能力検定とは
歴史能力検定とは、その名のとおり歴史の知識を認定してもらえる検定試験です。試験は日本史と世界史に別れておこなわれ1級はかなりの知識量を要する。
試験は5級から1級までがあり、難易度は3級で高校基礎、2級で高校卒業程度、1級は高校の学習範囲にとらわれない広い知識レベルが要求されている。

歴史能力検定試験情報
5級:歴史入門レベル(小学生)40問
4級:歴史基礎レベル(中学生)50問
※3級以上は世界史と日本史に別れておこなわれます。
3級:高校基礎レベル50問
2級:高校卒業レベル50問
1級:学校教育にとらわれないレベル30問

歴史能力検定概要
歴史能力検定の試験時間はいずれも50分で行われ、5級から3級までは多肢選択式の問題のみで行われ、2級では多肢選択式に加えて記述問題。1級はさらに論述まで加わります。

歴史能力検定に関するお問い合わせ先
歴史能力検定協会
03-5913-6407

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です