救急救命士

救急救命士とは、急病人やけが人を病院に搬送する際に、応急手当をおこなえる職業です。救急救命士になるためには救急救命士の国家資格取得後、消防署に採用される必要があります。



救急救命士とは
救急救命士とは、急病人やけが人を病院に搬送する際に、応急手当をおこなえる職業です。救急救命士の資格を持っていてもすぐに働けるというわけではなく、消防隊員であることが必要です。消防隊員には地方公務員試験に合格する必要があります。

救急救命士の資格試験情報
(1)基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む。)
(2)臨床救急医学総論
(3)臨床救急医学各論(一)(臓器器官別臨床医学をいう。)
(4)臨床救急医学各論(二)(病態別臨床医学をいう。)
(5)臨床救急医学各論(三)(特殊病態別臨床医学をいう。)

救急救命士国家試験受験資格
文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、2年以上救急救命士として必要な知識及び技能を修得した者
etc

救急救命士に関するお問い合わせ先
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です