宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者の国家試験に関する情報を掲載しています。宅地建物取引業を営む場合に必要な資格です。宅建は不動産取引に不可欠な業務独占資格です。合格率は15%程度です。



宅地建物取引主任者とは
宅地建物取引主任者とは、宅建とも呼ばれ不動産業界ではスタンダードな資格試験です。しかし、不動産業界以外の者には取得のメリットはありません。

宅地建物取引主任者の試験内容
・土地の形質、地積、地目および種別 建物の形質、構造および種別
・土地および建物の権利、権利の変動(法令)
・土地および建物の法令上の制限
・土地および建物の税に関する法令
・土地及び建物の需給に関する法令・実務
・土地および建物の価格評定
・宅地建物取引業法及び同法の関係法令
■試験方法
四肢択一式50問で、解答はマークシート方式。試験時間は2時間
■受験料
7000円
■試験日
年一回 10月第3日曜日
■合格基準
全体の7割程度が合格ラインとされています。試験の難易度によって、毎年かわってきます。

宅地建物取引主任者に関するお問い合わせ
不動産適正取引推進機構
http://www.retio.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です