調理師

料理人という職業に欠かせない資格が調理師の免許です。調理師の国家試験合格または調理師を養成する専門学校を卒業することで取得できます。



調理師とは
調理師とは料理人の資格です。飲食店を開く時に必要な食品衛生責任者の講習も調理師の資格を持っていれば免除されます。調理師の資格取得方法は国家試験に合格する方法と養成学校を卒業し無試験で取得する方法の2種類があります。
国家試験を受けるためには2年以上の実務経験が必要になるため、調理の経験がない方は料理の専門学校などの養成学校に通われることをおすすめします。

調理師国家試験科目
・食文化概論
・衛生法規
・栄養学
・食品学
・公衆衛生学
・食品衛生学
・調理理論
※国家試験は6月と11月に行われ、マークシート形式で試験は行われます。国家試験の合格率は65%程度です。

調理師の関連資格
・飲食店の開業に必要な食品衛生責任者資格
・ふぐを調理する場合にはふぐ調理師免許
・パンや菓子を作る場合には製菓衛生師免許
・船舶の食堂施設において調理するための船舶料理士免許
・一定以上の規模を持つ給食施設で設置を義務づけられているのは栄養士または管理栄養士
・調理師の上位資格である専門調理師・調理技能士

調理師に関するお問い合わせ先
社団法人日本調理師会
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~nck/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です